タグ:thinking-diary-musicが付いている記事一覧


思考・日常(音楽) 練習

チャールズ・ローゼンの本ではありません。笑 ツイートの通りですが、ピアノ・ノート(自称)を復活させました。 2月は少し予定も増えていて、曲も多いので頭の整理という意味もあります。 記録すること 今やるべき曲 合わせの時の […]

思考・日常(音楽)

過去の自分の否定 過去の自分の否定は、成長プロセスでは必ず通る道かと思います。 音楽家にとっても、ものすごく大切なことです。 もちろん、「自分の全否定」まで行ってしまうと、それはもう再起できなくなる可能性があります。 そ […]

思考・日常(音楽)

演奏するということは、表現するということです。 何を表現するかというと、基本的には人間の感情です。 自然の描写をすることもあります。ですが、その自然を見ているのは、感情を持った人間です。 語源から考える 「表現する」とい […]

思考・日常(音楽) 練習

音楽的にどうも上手くいかない…表現が上手くいかない…というときに、頭で思っていることは(=音楽的には)正しくても、テクニックが原因で上手くいかないことはよくあります。 テクニックに完璧はない もち […]

思考・日常(音楽) 練習

人間、今見えているものを見てしまいます。先を見る時も、現状から未来を見ようとします。 そうではなく、まだ見えていないものを見たい。まだ味わったことのない音の世界を味わってみたい。 そういう欲求は、音楽をやっている人なら持 […]

思考・日常 思考・日常(音楽)

年末に少しだけ読み始め、新年一気に読みました。 会社の本体はむしろ事務にある この本では、株式会社ゲンロンの生々しい経営状況についても語られます。 東浩紀さんは創作活動に夢中になるあまり、お金のことや経営は放置してしまい […]

思考・日常(音楽) 練習

先日こんなことを書きました。 何かできないことをできるようにする場合、初期の段階では色々と意識してやらなければなりません。 ですが、最終的には無意識にできるようになるのが理想です。 4つの段階 できないことが、無意識にで […]

アンサンブル・伴奏 思考・日常(音楽) 練習

ピアノを弾く上で、「自分が指揮をしている感覚」でいることは大事です。 先日、このようなツイートをしました。 なぜ指揮者の感覚で弾いた方が良いか。一つは前の動作(単純に動きという意味ではなく)があるから。呼吸、アウフタクト […]

演奏会・コンサート

これまでコンサートを企画したことなかった私が、こんな時期に、こんな時期だからこそ初めて企画しました。 このブログから派生した「Kotoba to Oto Vol.1 」です! 自身初めての企画 これまで様々なコンサートに […]

思考・日常(音楽)

8月後半はオペラの本番が指揮であったり、歌のリサイタルのピアノがあったりと、ちょっとハードだったのでなかなか更新できませんでした。 最近ツイートしたことを補足します。 コンサートはまるで世界旅行 数日前はテノール6人と試 […]