アンサンブル・伴奏に関する記事一覧


アンサンブル・伴奏 思考・日常(音楽)

アンサンブルでは自分という原液を薄めてはいけない。自分の原液が水で薄まって濃さが丁度良くなることも例外的にあるかもしれないが、基本的には原液と原液が新しい液を生み出すようなもの。

アンサンブル・伴奏 思考・日常(音楽) 練習

ピアノを弾く上で、「自分が指揮をしている感覚」でいることは大事です。なぜ指揮者の感覚で弾いた方が良いか。一つは前の動作(単純に動きという意味ではなく)があるから。呼吸、アウフタクト。 これがないとリアルタイムの音楽になってしまう。その場限りのというか、その音しか見ないというか。 未来を見る。

アンサンブル・伴奏

ちょっとした工夫で、譜めくりが楽になる方法を紹介します。①次にめくれるところまで暗譜する ②先にめくるために暗譜するという方法です。わざわざ楽譜を作らなくても、ちょっとした書き込みやメモと、少しの暗譜でめくれるようになります。

アンサンブル・伴奏

伴奏をする時の私の本番前ルーティーンを紹介します。複数の曲を続けて伴奏する時には、共通して言えることだと思います。アートにエールを!に採択された動画でも、このルーティーンについて少し話しています。

アンサンブル・伴奏

「ニッチな分野のニッチな内容」が意外と好評だったので、シリーズ化してみたいと思います。レッスンや稽古の時に、アドバイスや注意をされたら「中断して、また再開」を繰り返しますよね。その時にピアニストは音をあげたり、和音を弾いてあげたりしなければなりません。そんな時に役立つコツです。

アンサンブル・伴奏

先生が間奏とかの時に生徒にアドバイスするために喋る時、やり直すのかと思って、弾くのを止めてしまう時があります。ですが、先生はただ生徒にアドバイスしているだけだった。 そんな時は「先!」と言われます。レッスンの流れや音楽の流れが一瞬止まってしまうので、これはなるべく避けたいですよね。そんな時に気を付けることです。

アンサンブル・伴奏

歌手の無茶振りで初見で弾かなければならない時があります(笑)。そんな時に気を付ける3つのことです。以上の3つに注意しながら、初見で伴奏する経験が増えれば、確実に初見能力がアップするはずです。

アンサンブル・伴奏 思考・日常(音楽)

最近は、自分も歌ってみたり、振ってみたりということも増えてきました。そうすると色々なことに気づかされます。そのようなことを日記的に書いてみます。おまけ写真も添付。

アンサンブル・伴奏

今回は、そもそもなぜそこまで「自分でめくれる譜面作り」にこだわるのかという前提のお話です。余裕を持ってめくれるように、準備することが大切です。起こりやすい事故などを列挙しました。

アンサンブル・伴奏 練習

伴奏する時、基本的にピアニストは楽譜を見ます。その時に、「自分で譜めくりする場所がない」といった問題にはよくぶつかります。最近では電子機器で本番をやる人も増えてきて、めくるのがスムーズになっているとはいえ、まだ紙の楽譜で本番をやる人の方が圧倒的に多いです。そんな時に役立つ方法の一つを紹介します。