オペラ 練習

モーツァルトのベーレンライター版(新全集)のPDFをダウンロードする方法を紹介します。1分もかからずにダウンロードできます。国際モーツァルテウム財団(Internationale Stiftung Mozarteum)による、新モーツァルト全集のデジタル版が見れるサイトです。

思考・日常(音楽)

過去の自分の否定は、成長プロセスでは必ず通る道かと思います。音楽家にとっても、ものすごく大切なことです。AppleのiOSのように、アップデートしてバグを修正していくような生き方が良いのかもしれません。

思考・日常(音楽)

演奏するということは、表現するということです。「表現する」という動詞は英語で”express“ですね。語源としては「ex(外へ)」「press(押し出す)」です。何を表現するかというと、基本的には人間の感情です。

思考・日常(音楽) 練習

音楽的にどうも上手くいかない…表現が上手くいかない…というときに、頭で思っていることは(=音楽的には)正しくても、テクニックが原因で上手くいかないことはよくあります。最終的にテクニックの面を見直したらあっさり解決、なんてことはわりと多いのではないでしょうか。

思考・日常(音楽) 練習

人間、今見えているものを見てしまいます。先を見る時も、現状から未来を見ようとします。そうではなく、まだ見えていないものを見たい。 まだ味わったことのない音の世界を味わってみたい。そういう欲求は、音楽をやっている人なら持っているのではないかと思います。

思考・日常 思考・日常(音楽)

東浩紀『ゲンロン戦記』面白かった。経営的な生々しくリアルな話と、本当にやりたい哲学や事業の話が同時進行で語られる。その葛藤を追体験するように一気読み。(ほとんどの人は)演奏だけやって生きていけるわけじゃないということに通じる気がします。

思考・日常

今年やったこと。ブログ “Kotoba to Oto”、Twitter(Instagram)、YouTube、ラジオ的なもの(stand.fm)、自主企画コンサート、学会発表・紀要論文、音楽以外の仕事、など。個人的なことを振り返ります。

思考・日常(音楽) 練習

①分かっていないということが分からない段階 ②分かっていないということを分かっている段階 ③分かっていることを意識的にできる段階 ④分かっていることを無意識的にできる段階 について。

アンサンブル・伴奏 思考・日常(音楽) 練習

ピアノを弾く上で、「自分が指揮をしている感覚」でいることは大事です。なぜ指揮者の感覚で弾いた方が良いか。一つは前の動作(単純に動きという意味ではなく)があるから。呼吸、アウフタクト。 これがないとリアルタイムの音楽になってしまう。その場限りのというか、その音しか見ないというか。 未来を見る。

演奏会・コンサート

本コンサートの演奏動画を販売しております。ご購入いただいた方のみにパスワードをお知らせしております。詳細とご購入ページはこちらです(お手数おかけしますがリンクが貼れないため、コピペをお願い致します)。https://kensuketakahashi.com/asp-products/2020-8-30/