思考・日常(音楽)に関する記事一覧


思考・日常(音楽) 練習

人間、今見えているものを見てしまいます。先を見る時も、現状から未来を見ようとします。そうではなく、まだ見えていないものを見たい。 まだ味わったことのない音の世界を味わってみたい。そういう欲求は、音楽をやっている人なら持っているのではないかと思います。

思考・日常 思考・日常(音楽)

東浩紀『ゲンロン戦記』面白かった。経営的な生々しくリアルな話と、本当にやりたい哲学や事業の話が同時進行で語られる。その葛藤を追体験するように一気読み。(ほとんどの人は)演奏だけやって生きていけるわけじゃないということに通じる気がします。

思考・日常(音楽) 練習

①分かっていないということが分からない段階 ②分かっていないということを分かっている段階 ③分かっていることを意識的にできる段階 ④分かっていることを無意識的にできる段階 について。

アンサンブル・伴奏 思考・日常(音楽) 練習

ピアノを弾く上で、「自分が指揮をしている感覚」でいることは大事です。なぜ指揮者の感覚で弾いた方が良いか。一つは前の動作(単純に動きという意味ではなく)があるから。呼吸、アウフタクト。 これがないとリアルタイムの音楽になってしまう。その場限りのというか、その音しか見ないというか。 未来を見る。

思考・日常(音楽)

色々な時代や国の曲を続けて弾くと、いつも「世界旅行」している気分になります。あまり遠出できない今だからこそ、目の前の譜面を変えるだけで世界が変わる音楽は楽しいのかもしれません。

アンサンブル・伴奏 思考・日常(音楽)

最近は、自分も歌ってみたり、振ってみたりということも増えてきました。そうすると色々なことに気づかされます。そのようなことを日記的に書いてみます。おまけ写真も添付。

思考・日常(音楽)

音楽史を変えてきたのも、既存の概念に縛られず、新しいことをやった人たちです。そこでは必ず論争なり、反抗なり、ブーイングなりが起こります。アグネス・チョウさんが拘束されている時に聴いていた欅坂46《不協和音》からそんなことを考えました。

アンサンブル・伴奏 思考・日常(音楽) 言説

西野亮廣さんの今日のVoicyで、芸術家が共有すべきであろうことをおっしゃっていました。そんな話から、曲をたくさん抱えやすい伴奏者が気をつけるべきことなどを考えました。

思考・日常(音楽)

今日は8月6日です。75年前の今日、広島に原爆が落とされました。 原民喜の話から、『羊と鋼の森』、ビル・エヴァンスの話まで。エッセイ調です。

思考・日常(音楽) 練習

今回は、「為末大学」の動画から、面白いものを見つけたので紹介します。教える際、または教えてもらう際に、「アウトプットされたものを描写したもの」と「インプットするときの意識を話したもの」を意識して使いわけろ、ということです。音楽の指導の現場でも同じことが起こっています。