タグ:ensemble-accompanimentが付いている記事一覧


アンサンブル・伴奏 思考・日常(音楽) 練習

ピアノを弾く上で、「自分が指揮をしている感覚」でいることは大事です。 先日、このようなツイートをしました。 なぜ指揮者の感覚で弾いた方が良いか。一つは前の動作(単純に動きという意味ではなく)があるから。呼吸、アウフタクト […]

アンサンブル・伴奏

以前、「自分で譜めくりできる楽譜の作り方① 【伴奏が同じで言葉が異なる時に、歌詞を下に貼る(La danzaを例に)】」を書きました。 今回はその第2弾、自分で譜めくりできる楽譜を作るために「めくれるところまで暗譜」する […]

アンサンブル・伴奏

伴奏をする時の私の本番前ルーティーンを紹介します。 複数の曲を続けて伴奏する時には、共通して言えることだと思います。 アートにエールを!の動画 アートにエールを!に採択された動画の見所は、3人のテノールと、私(ピアニスト […]

アンサンブル・伴奏

「ニッチな分野のニッチな内容」が意外と好評だったので、シリーズ化してみたいと思います。 レッスンや稽古の時に、アドバイスや注意をされたら「中断して、また再開」を繰り返しますよね。 その時にピアニストは音をあげたり、和音を […]

アンサンブル・伴奏

声楽レッスンの伴奏でのこと。 先生が間奏とかの時に生徒にアドバイスするために喋る時、やり直すのかと思って、弾くのを止めてしまう時があります。 ですが、先生はただ生徒にアドバイスしているだけだった。そんな時は「続けて!」と […]

アンサンブル・伴奏

最近はなんか少なくなりましたが(おそらく弾いたことある曲が増えた)、学部生の頃なんかはよく練習の時に「ちょっと弾いてくれない?」と言われてよく初見で弾いていました。 そういうのが嫌なピアニストもいると思うのですが、歌い手 […]

アンサンブル・伴奏 思考・日常(音楽)

明日、ドニゼッティの《リタ》を指揮します。 今回は日記みたいな感じです。 ピアニストが指揮者になってみる 普段は指揮者のもとでピアノを弾く 職業柄、色々な指揮者のもとでピアノを弾きます。主にオペラの稽古です。 ここ数年は […]

アンサンブル・伴奏

前回、自分で譜めくりできる楽譜の作り方① 【伴奏が同じで言葉が異なる時に、歌詞を下に貼る(La danzaを例に)】を書きました。 今回は、そもそもなぜそこまで「自分でめくれる譜面作り」にこだわるのかという前提のお話です […]

アンサンブル・伴奏 練習

伴奏する時、基本的にピアニストは楽譜を見ます。 その時に、「自分で譜めくりする場所がない」といった問題にはよくぶつかります。 最近では電子機器で本番をやる人も増えてきて、めくるのがスムーズになっているとはいえ、まだ紙の楽 […]

アンサンブル・伴奏 思考・日常(音楽) 言説

西野亮廣さんの今日のVoicyで、芸術家が共有すべきであろうことをおっしゃっていました。 そんな話から、曲をたくさん抱えやすい伴奏者が気をつけるべきことなどを考えました。 西野亮廣エンタメ研究所 by キングコング西野/ […]